*

スマホ(iPhone)やタブレット(iPad)で日経新聞を無料で読む3つの意外な方法

公開日: : 最終更新日:2017/09/26 お得情報, サラリーマン, 経済ニュース , , ,

Pocket

日経を無料で読む方法

日経新聞をスマホ(iPhone)やタブレット(iPad)で無料で読む意外な方法をご紹介します。

「お金を増やす、節約する」というのが、このブログの目的ですが、お金を増やすには、①収入を増やすか、②支出を減らす、単純ですが、このどちらかを極めることによって結果的にお金が増えていくことになります。

お金を稼ぐ力を付けて手元に入るお金が増やすと共に、無駄な支出を減らすことにより、より一層、手金を増やして豊かな生活を営むことが可能になります。

お金を増やすためには投資をする、出世して給料を上げていく、商売で成功する、様々な手段がありますが、いずれにしてもビジネス知識、経済の知識を増やしていき、投資や商売獲得のチャンスを掴む必要があります。

特に株式投資やFX投資をする際には、最新の経済ニュースをいち早く入手し、その情報を元に投資戦略を練ることになりますが、一番使える情報はやはり日経新聞です。日経新聞は、日本人投資家であれば必ず読むニュース媒体であり、ビジネスマンには必須の情報ソースでもあります。

株価や為替は思惑で動くものなので、多数の方が読んでいる新聞を読み、その最大公約数を見つけることで成功を掴むことができるのだと思います。

ただ、この日経新聞を従来通り普通に買っていたら、結構な出費になります。「情報は有料」、確かにその通りかもしれませんが、賢い人、知っている人は、有料の情報を無料で仕入れているんです。

無料で日経新聞のニュースを読む方法について、具体的に説明していきたいと思います。

 

日経新聞を無料で読む方法

自宅で新聞を定期購読していたり、毎朝通勤時にキオスクで日本経済新聞を購入する方は多いと思いますが、まずはその出費を考えてみましょう。

日経新聞の定期購読→月間で4,509円、年間で54,108円も掛かっている

日経新聞をキオスクで購入すると1部160円!!夕刊で70円。30日買うと230円×30日=6,990円となります。
日経新聞を定期購読して、配達してもらうと1ヶ月で4,509円です。

家族4人でファミリーレストランに行けば2回くらいは行けてしまう出費です。これはもったいない!

今の時代、以下の方法で無料で手軽に日経新聞のニュース(ビジネスニュース)が読めるので、出費ゼロにして賢い消費者になりましょう!

日経新聞を無料で読むには、以下の3つの方法があります。

その1 図書館で日経新聞を読む

日経新聞

シンプルで意外だったかもしれません(笑)
当たり前ですが、近所の図書館に行けば、日経新聞のみならず、朝日新聞、読売新聞などの新聞やZAI、東洋経済、ダイヤモンド、SPAなどの雑誌も全て無料で読むことができます。住民税を支払っている割には、図書館を有効活用していない方が意外と多いので、注意喚起を込めてこの情報を書いてみました。

「本は買わずに、図書館で読む!」そうすることによって払った税金を間接的に回収していることになります。ぜひ、地元の図書館に足を運んで、上手に活用しましょう。

その2 NIKKEI NET(日経新聞のサイト)で読む

実にシンプルですね。単にネットで日経新聞のホームページに行き、そこからニュースを読むわけです。

現在では日経ネットの記事は主にダイジェストしか読むことができません。およそ3行から5行になります。この場合、無料版と有料版がありまして、無料版の場合はメールアドレスと住所氏名登録を行えば、月間で10本の記事を読むことが可能です。

しかしながらたった10本では、あっという間に読めなくなってしまいます。電子版有料の場合は月間4,200円を支払えば制限なく読めます。

もしくは、日経ネットのIDを複数持っていれば、そのID分だけ記事を読むことができます。

個人的には、ダイジェストでも読むことができるわけですし、見出しでだいたい何が起きているのかが分かるので、ある意味、この方法がスマホ(iPhone)やタブレット(iPad)で読むことができ、一番時短で効率的なんじゃないかと思います。

その3 銀行の支店や証券会社の支店で読む

銀行の店舗(視点)も意外と穴場です。日経新聞はもちろん、週刊誌も置いていますし、たまに無料のお茶サーバーもあったりしますので、喉を潤しながら、ニュースを読むことができます。特に信託銀行あたりですとお客さんが少ないので快適です。あと証券会社の店舗でも同様のサービスがありますので、活用しない手はありません。

ただ、図書館が近くになかったり、行く時間がない、銀行とかで毎日読むのも恥ずかしい(笑)と思う方も多いかもしれませんが、口座さえ持っていれば、銀行のお客さんなので、気にしないで堂々と読むと良いと思います。

証券会社といえば、証券会社がインターネット上で各種提供している「情報提供サービスを利用」して読む方法もあります。もちろんスマホ(iPhone)やタブレット(iPad)で読むこともできます。

証券会社が株や投資信託などの取引をしてくれるお客様に対して提供しているサービスですので、口座を開設すれば利用可能です。


証券会社には、日経テレコン21《〇〇証券版》を利用できるサービスがあったりもしますので、比較して自分に合ったものを選んでみてください。

オンラインで簡単に申し込みが可能です。

この他には、駅のホームのごみ箱から日経新聞を拾う、電車の網棚の上にある日経新聞を読む、会社の古新聞入れに入っている日経新聞をゲットするといった方法もあります(笑)

さらにお得な情報はこちらをクリック。応援よろしくお願い致します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
  • follow us in feedly

Comment

  1. セロリ_アジュール より:

    日経新聞紙面の文化面を無料で読める、
    って事で、たどり着きました。

    iPhoneで丸三証券開設で

    そこが読めますでしょうか?
    よろしくお願い申し上げます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

    • 名前:シュウイチロウ
      年齢:30代
      アジアやオセアニアの諸国で数年間生活&働いた後、日本に戻って転職し、大手企業のビジネスマンとして働いている異色の経歴の持ち主。投資で失敗し数百万円の損失を被ったあとは、地道にコツコツ頑張り、築き上げた資産はウン千万円。できれば、一発会社を立ち上げて、海外でのんびり暮らしたいんですが、それはあとのお楽しみ!
      普通のサラリーマンが快適に生活できる節約情報や生活情報を書いていきたいと思っています。また日々の生活で感じたことや面白いと思ったこと、ビジネスアイデア、役立つ面白グッツの紹介などもしています。
  • 2017年9月
    « 8月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
PAGE TOP ↑