*

フィリピン株式投資の魅力!株価40倍の衝撃!!

公開日: : 最終更新日:2015/01/29 フィリピン株投資, 株式投資

Pocket

フィリピンと言うと、あまりパッとしない感じがする日本人が多いと思います。

確かにイメージとしてはフィリピンパブやジャパ○○さんのイメージがあるため、危険とか汚いとかのイメージがあると思いますが、実際に来てみるとイメージとは違った印象を受けると思います。

フィリピンは、人口も1億人を越しており、人口ボーナスも2040年くらいまでと、まだまだあるため経済発展が期待できる非常に有望な国です。

日本で言うところの1960年代と考えれば、これから株価が上がっていくのが容易に想像できると思います。

フィリピンの株価総合指数は、2015年1月13日現在で7,399ポイントですが、きっと1万ポイントに到達するでしょう!

 

フィリピンのセブン-イレブン株は3年半で株価が40倍!

一例をあげてみますと、フィリピンセブン-イレブンの株がすごいことになっています!

Seven Philippine

2009年頃まで、株価は3ペソ近辺をうろうろしていましたが、2010年以降急激に上昇!

2013年中頃には、120ペソを突破して最高値を付けました!あまりの急上昇の反動で現在は80ペソ近辺まで下がっていますが、業績は絶好調なので、いずれ反発すると思います。

 

ファミリーマートの株は、上場3ヶ月で既に50%高!

ルスタン・グループにおけるSIALへの直接の窓口であるSSIグループ(SSI)が2014年11月7日にフィリピン証券取引所(PSE)に新規上場しています。

SSIの新規公募(IPO)価格は1株当たり7.50ペソでしたが、その後株価が上昇基調を辿り、一時は11.60ペソまで上昇しています。

1月13日の終値は11.26ペソで、IPO価格にくらべ50%の上昇となっています。
ssi

 

ファミリーマートのフィリピン1号店 は、2013年4月7日にマニラ首都圏マカティ市アヤラセンターのショッピングモールグロリエッタ3の1階にオープンしました。

会社名は「フィリピン ファミリーマート CVS社」(PFM)です(2012年11月29日に設立)

2014年12月末のフィリピンのファミリーマート数は87店に達しており、2013年12月末の31店から2.8倍となっています。

2013年4月の初出店以降店舗網が順調に拡大しており、5年間で300店としていた出店目標を500店に引き上げると表明しています。また、2015年2月までに120店超という目標も表明中。現在の出店はほぼマニラ首都圏に限られていますが、今後はセブやミンダナオなど地方にも 積極出店する方針であり、今後に期待できます。
つまり、二匹目のドジョウを狙っている人たちが、株価40倍を夢見て投資しているのでしょう!

新規上場でまだ株価も低いので、少なくとも今からでも3倍にはアップすると思います。

こんな感じで興味がありましたら、フィリピン株に投資するのも良いかもしれません。

投資、お金に関する更なる情報はこちらより→ランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
  • follow us in feedly

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

    • 名前:シュウイチロー
      年齢:40代
      Twitter:@Shuichiro__
      アジアやオセアニアの諸国で数年間生活&働いた後、日本に戻って転職し、大手企業のビジネスマンとして働いている異色の経歴の持ち主。投資で失敗し数百万円の損失を被ったあとは、地道にコツコツ頑張り、築き上げた資産はウン千万円。できれば、一発会社を立ち上げて、海外でのんびり暮らしたいんですが、それはあとのお楽しみ!
      普通のサラリーマンが快適に生活できる節約情報や生活情報を書いていきたいと思っています。また日々の生活で感じたことや面白いと思ったこと、ビジネスアイデア、役立つ面白グッツの紹介などもしています。
  • 2017年12月
    « 10月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑