*

高金利、振込無料のお得なネット銀行の裏ワザで5倍の利息が付く!

公開日: : 最終更新日:2015/07/17 お得情報, 銀行、預金


1年間で約1万円以上、得してしまう方法です

あなたの給料振込口座から”無料”で”お金を吸い上げて”、その金利を”5倍”にして、さらに”振込手数料まで無料”にする裏技をご紹介します。
使わない手はありません!!

 

給料振込口座の金利、知っていますか?

多くのサラリーマンのみなさんは、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行の3メガ銀行、もしくは地方銀行あたりで給料が振り込まれていると思います。

通常、給料が振り込まれる口座は「普通預金口座」なのですが、ここに振り込まれたまま寝かしている状態ですと年利はわずか0.02%です(2015年2月現在)

100万円預けて1年間の金利はたったの200円。更に20%の源泉税が取られてしまい、手元に残るのは160円になります。これでは昼食代にもなりません。

ゆうちょ銀行の場合は、若干マシで通常貯金口座で年利0.03%です。しかし、たった0.01%だけ高いだけ。

要するに、今の時代、普通預金口座にお金を入れていてはスズメの涙ほどの金利しか付きません!

 

一番利子の良い銀行預金はどこか?

誰もが最も有利な利息で預けたいので、1番金利が高い銀行預金をどこの金融機関か?ということを調べた方も多いと思います。英語で利息のことを”interest”と呼びますが、多くの皆さんは金利の良い銀行預金に”興味”を持っているはずですから(笑)

ちょっと検索すれば銀行預金金利の比較ランキングが載っているので、普通預金口座で最も良い利息が付く銀行を調べることが可能です。

普通預金ですと、ソニー銀行でも住信SBIネット銀行でもメガ3行と同じく0.02%(2015年2月現在)ですが、例えば100万円の定期預金ですとオリックス銀行が0.27%、あおぞら銀行が0.26%、住信SBIネット銀行が0.2%と通常、ハイレベルな預金金利はネット銀行であることが多いです。

例えば、住信SBIネット銀行の0.2%ですと100万円預けて1年間の金利は2,000円。20%の源泉税が取られて手元に残るのは1,600円になります。まあ、サラリーマンの昼食3回分くらいの金利になります。

 

住信SBIネット銀行の口座を作っておくと便利

上記の通り、金利は高いレベルですし、月3回まで他行宛の振込手数料が無料です。
あと出金に関しては、セブン銀行及びゆうちょ銀行ATMから可能です。

郵便局(セブン-イレブン)は、日本全国だいたいどこにでもありますから、ほぼどこでも引き出しできると言えるでしょう。セブン銀行は、イトーヨーカ堂にもありますので、近所にヨーカ堂がある方ならば、大変便利だと思います。

しかも、セブン銀行の場合は7:00-19:00でしたら曜日、金額にかかわらず、何度引き出しても引き出し手数料は無料です。ゆうちょ銀行の場合は、1回につき200円掛かってしまいます。

後述しますが、SBI証券と連動して使うことにより、さらにお得な使い方ができますので、まずは、住信SBIネット銀行の口座は作っておくと良いと思います。

 

 

ネットで自由にお金を動かす

常に最高の金利水準の銀行にお金を預けられていたら、低い金利のところよりも良いに決まっていますが、問題はお金を動かす時の「振込手数料」です。

振込手数料の金額は小さくありませんから、ネットからお金を動かすだけ金利以上のコストが掛かってしまう可能性があります。

例えば、三菱東京UFJ銀行の他行宛振込手数料は、ネットバンキングでも1回あたり324円掛かります。毎月、三菱東京UFJ銀行から他の銀行に動かすだけで324円×月1回×12ヶ月=3,888円かかるわけです。

一方で振込手数料を節約しようとしてATMで現金を引き出してから、他行に行ってその現金を預けていたら時間と労力の無駄ですし、お金を持ち運ぶリスクもあります。

そのような発想のため、給料が口座に振り込まれてからお金を動かさないでいる人が多数いると思いますが、それでは損をしています!

お金のことを勉強して知っている人は、お金を気軽に動かして高金利を享受しているんです!!

 

 

お金を動かす手数料を無料化して高金利をGET!

無料でお金を吸い上げる!究極テクニック

もし三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行などのメジャーな銀行に(給料)口座を持っている場合、その口座から住信SBIネット銀行へお金を吸い上げてから振り込みする技があります。

このテクニックを使えば、ゆうちょ銀行、楽天銀行などメジャーな銀行から無料で銀行振込をすることが可能になります。

上記の例で言うと、例えば三菱東京UFJ銀行の場合は、324円×月1回×12ヶ月=3,888円がお得になるわけです!

私が使っている方法は、SBI証券口座を使う方法です。

SBI証券の「即時入金」サービスを使用することによって、お金をSBI証券に無料で吸い上げることができます。

※イメージとしては、以下の図を参照してください。

kinri5bai

 

即時入金に対応している銀行は以下の通りです。

・住信SBIネット銀行
・三菱東京UFJダイレクト ネット振込(EDI)三菱東京UFJダイレクト
・三井住友銀行 ウェブ振込サービス三井住友銀行
・みずほダイレクト ネット振込決済サービスみずほダイレクト
・楽天銀行 かんたん決済プラス楽天銀行
・ジャパンネット銀行 リンク決済ジャパンネット銀行
・ゆうちょ銀行 ゆうちょダイレクトゆうちょ銀行
・ゆうちょダイレクト
・セブン銀行 ネット決済サービスセブン銀行
・スルガ銀行 ネットデビットスルガ銀行

 

※「吸い上げる」というのは、上記銀行から出金するという意味でして、この手数料が無料になるわけです。

以下、詳細にそのやり方を説明します。

 

 

まずはSBI証券に口座を作る

この技を使うには、SBI証券の証券総合口座が必要になります。申し込みはネットから簡単にできます。

既にSBI証券の口座がある方で、住信SBIネット銀行の口座が無い方は住信SBIネット銀行の口座を作っておいて下さい。このワザには、証券、銀行2つの口座が必要になります。

SBIの場合、ネット上でSBI証券とSBI銀行は「ハイブリッド口座」という名前で口座が連動しており、銀行と証券のお金を一元的に管理できるようになるためです。

 

 

SBI銀行のハイブリッド口座では金利が5倍!

SBI証券、SBI銀行のバイブリッド口座の場合は、銀行金利が一般銀行の普通預金と比較すると5倍になります。これはすごいことです!

2分くらいネットでお金を動かすだけで、5倍の金利を付けることができます。しかもこの金利水準は銀行の定期預金と同じレベルですが、定期預金のようにお金が固定されることはなく、普通預金と同じく自由にお金を動かすことができます!このメリットは大きいです。

※今度、別のページで私がどのようにお金を増やしてきたのかを説明しますが、お金を自由に動かすことによって、有利な金融商品に臨機応変に投資していくことが資産を増やしていくことに繋がります!

給料が振り込まれたらそのまま寝かすのではなく、毎月1回で良いので、ネットで操作をしましょう。以下にそのやり方を詳細に説明します。

 

 

銀行口座からSBI証券にお金を吸い上げる

今回、みずほ銀行の口座からSBI証券にお金を吸い上げてみました。

1

みずほ銀行のお引き出し可能残高は、5,843,759円です。10万円だけ口座に残して残り(5,743,759円)は全てSBI証券へ出金したいと思います。
※10万円だけ残すのは、各種の支払い・引き落としに充てるための個人的な事情です。

 

 

 

2

SBI証券、SBI銀行の口座開設が完了致しましたら、SBI証券にログインして、「入出金・振替」の「入金指示」から、即時入金サービスの画面を出します。今回はみずほ銀行からお金を吸い上げるので、みずほダイレクトをクリック。

 

 

 

3

みずほダイレクト ネット振込決済サービスの説明画面が出ます。
下にある「即時入金ボタン」をクリック。

 

 

 

4

ネット振込決済サービス/振替指示画面が出ます。

 

 

 

 

5

ここに金額を入力。今回は、5,743,759円を吸い上げます。
取引パスワードは、SBI証券の取引パスワードを入力。
その後、振込指示確認ボタンをクリック。

 

 

6

振込指示確認画面が表示されますので、内容を確認後、「振込指示」ボタンをクリック。

 

 

 

 

7

画面が変遷し、みずほダイレクトのネット振込決済サービス画面になります。
ここからは、普段みずほダイレクトでログインしている手順でログインしていきます。

 

 

 

 

8

ログインして手続きしていくと「お振込みを受け付けました」との画面が出ますので、最後に「ログアウト(加盟店のサイトへ戻る)」をクリックします。

 

 

 

 

9

振込受付画面が出ますので、ウインドウを閉じます。

 

 

 

10

SBI証券に戻ると、即時入金サービスが反映されています。
直後に見ると「処理中」となっています。

 

 

 

 

11-1

処理完了後は、「完了」のステータスになります。

 

 

 

 

12

ちなみにメールも別途送られてきます。

 

 

 

11

今回は、別のみずほ銀行の口座から、更に539,184円も吸い上げました。
合計で、6,282,943円吸い上げています。

 

 

13

吸い上げた金額は、まずは「SBI証券口座分」として反映されます。

 

 

 

13

住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金残高には、まだ反映されていません。

 

 

 

16

最初は「SBI証券口座分」として反映されますが、15:00までにお申し込みを受付した場合は当日17:00頃より、15:00以降にお申し込みを受付した場合は翌営業日17:00頃より、ハイブリッド預金として反映して、「預り金自動スィープサービス」をご利用いただけます。

 

※「預り金自動スィープサービス」とは、住信SBIネット銀行にお預けのSBIハイブリッド預金残高を、SBI証券における株式等の現物取引の買付余力の計算、信用取引における信用建余力の計算、現引可能額の計算に利用できるサービスです。

 

 

住信SBIネット銀行から無料で振込できる!

SBIハイブリッド預金に残高が反映されると、住信SBIネット銀行でお金を操作することが可能になります。

この時点で既に金利5倍のメリットを享受できていますが、さらに住信SBIネット銀行の場合は、毎月3回まで振り込みが無料になりますので、このメリットを活かして、ネットの通信販売やオークションで落札した時などで送金、振込を無料で行うことができるわけです。

ちなみに通信販売では、クレジットカードを使った方がカードのポイントも貯まりますし、銀行振り込みと違って手数料も不要なのでクレジットカードを最優先で使うべきですが、オークションですと通常、銀行振込になりますのでそうはいきません。やはり振込が必要になりますから無料でやるに越したことはありません。

私が実践している最も有利な方法をご紹介します。

 

 

お金は全額SBIハイブリッド預金に入れておくこと

住信SBIネット銀行の代表口座-円普通預金はいつも0円にします。

つまり、全額をSBIハイブリッド預金に入れておくことによって、金利5倍のメリットを最大限に活かすわけです。

 

 

 

振込が必要な時にだけ、都度、「振替」をする

振込が必要になったら、ハイブリッド預金から円普通預金へ「振替」を行います。

円普通預金にお金が入っていないと、振込が出来ないからです。

振込に必要な金額だけでOK!手順は非常に簡単です。
例えば、今回1万円を振込しないといけない場合を想定して、振替処理してみましょう!

21

振替画面を開く。

 

 

 

22

出金口座に「SBIハイブリッド預金」を選択し、振替先口座に「代表口座-円普通」を選択。
振替金額を入力します。

 

 

 

23

WEBパスワードを入力して、確定ボタンをクリック

 

 

 

24

振替が完了しました!簡単です!

 

 

 

25

次に振込ボタンを押して、

 

 

 

26

振込画面を出します。

 

 

 

27

振込先を選択して、手続きを進めていくと、出金可能額に先ほど振替した1万円が反映されていますので、この金額以下であれば、振込できるわけです。

 

 

 

スマホ、携帯電話からも振込操作可能

パソコンからだけではなく、ガラケーやスマホ、iPhone(アイフォン)やiPad(アイバッド)、アンドロイドのタブレットからも空いた時間でお金を動かすことができます。

こんな簡単なことで、金利5倍+無料振込が月3回GETできます。

住信SBIネット銀行ですと、無条件で月3回の振込が無料になるので、非常に使い勝手が良いです!

SBI証券の口座開設は←こちらからできます!

ハイブリッド預金の高金利もエンジョイしながら、ギフト券もゲットしましょう!

ちなみに、冒頭でなぜ「1年間で約1万円以上、得してしまう方法」と書いたのかというと、

例えば

・三菱東京UFJ銀行からの資金移動の節約金額が、324円×月1回×12ヶ月=3,888円・・・(a)

・住信SBIネット銀行での月3回の振込手数料無料をフルに使用したとして、1回 154円×3回×12ヶ月=5,544円・・・(b)

これだけで、(a)+(b) = 9,432円、お得になっている計算!

さらに金利5倍のメリット付きです!!金利メリット、振込に行く手間等をもろもろ勘案すれば、1万円以上の価値があるわけです!!

 

この便利さは、やってみないと分かりません!

ぜひ、皆さんもこの便利さとお得さを実感して下さい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
  • follow us in feedly

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

    • 名前:釈迦院秀徳
      年齢:30代
      趣味:お金を増やすことを考えること、健康、ピアノ
      資産を増やすこと、お金の節約方法、買い物や食事でのコストパフォーマンスをひたすらまでに日々、研究しているファイナンシャルプランナー系のメガネ男。目標は、不労所得で月間30万円を稼ぐこと(笑)→これがなかなか難しい!某マネー雑誌にも記事を書いたりしています。株式投資、FXのみならず、サイドビジネス、懸賞、アフィリエイト等、お金を増やすいろんな情報を集めて共有化したいと思います。


  • FX投資は、資産を増やす有効な手段の1つ!本サイト、お勧めのFX会社は、SBI FXトレードです。
  • 2017年5月
    « 4月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
    PAGE TOP ↑