*

サラリーマンとしての世間の評価を知る意外な方法

公開日: : サラリーマン


例えば最近、どこの会社にも出世するには「TOEIC600点以上が必要」などというように、英語力が問われる傾向にあります。

楽天とかファーストリテイリングでは、英語が社内公用語になっていますからね。

頑張れば英語が苦手な人でもTOEIC600点は取れますが、例えばTOEIC800点以上できる人は居そうでいて、実際はなかなかいません。

もしあなたが英語のみならず、海外で働いたことがある方であれば、その希少性は更に高まります!今回はどれだけ希少性があるかについて説明していきたいと思います。

海外在住日本人数

視野を広げて海外在住日本人数は、何人なのかと言うと、2015年で129万人という数値が外務省から発表されています

(以下、外務省からの引用)

tokei1地域別では、アジア地域が全体の約30%です。アジアは経済成長が著しいわけですが、まだ30%しか在留邦人がいないのは、意外でした。

(以下、外務省からの引用)

tokei2

さて、日本の人口は2013年現在で約1.27億人です。

上記統計数値はその時点のみを切り取っている数字ですし、以前海外に住んでいたけどいまは日本にいるというサラリーマンとかもいると思いますが、そのあたりを考慮するとキリがないので、上記数字を基づいて次の説明をしていきます。

 

海外での労働経験のある方は1%以下という貴重な存在

まずは海外在住日本人数129万人という数字を使って計算していきます。
129万人の中には、隠居している人や学生もいると思いますので、就労している人数を計算します。

総務省統計局が2016年3月時点で発表している就業者数は6,339万人。就業者数÷日本の総人口×100で比率を出すと49%という数字が出ます。

この数字を使うと、129万人×49%=63.21万人という推定値が得られます。この数字の意味するところは「海外で働いている日本人数」と言えるでしょう。

(計算している数値の年度がそれぞれ違いますが、そこは目をつぶって下さい)

海外で働いている日本人数 63.21万人 ÷ 日本の就業者数6,339万人 ×100 = 0.997%となります。

つまり、海外で働いている経験を持っている日本人というのは、全体の就業者人口数を使って計算しても1%以下の存在なわけです。

※日本の総人口を使って計算すれば0.5%くらいの貴重な存在になります。

なんと超貴重な存在なんです!

senbatsu

ちなみに他の国別で計算したい人は以下の数値をご参照下さい。

(以下、外務省からの引用)

tokei3

あなたのサラリーマンとしての価値を知る方法

ビジネス英語がかなりできる、以前海外で勤務していた経験がある、海外営業をやっている、そんな方の場合、自分のいまのキャリアが年収換算でいくらになるのか、自分が世間一般でどのくらい貴重な価値があるのかを知っておいても損はありません。

YUKA150701038569_TP_V1

Sさんのケース

仕事柄、国際的に活躍している方とよく会いますが、今回Sさんの事例をご紹介します。Sさんは年齢は44歳でして、インドのデリー、タイ、インドネシアで働いのた経験があり、いまは海外営業部の部長として月に2回ほど、フィリピンやシンガポールなどの東南アジアを中心に海外出張しています。

2回の転職経験があり、転職の度に給料がアップしたそうです。元々、学生時代から英語の勉強が好きで、海外で活躍したいという思いが強かったそうですが、その夢を実現している状態で幸せそうでした。

こんな形で海外での労働経験が豊富なためか、転職オファーやヘッドハンティングの電話がかなり来るそうです。

今の日本って、慢性的に海外経験のある労働人材が少ないんですって。

恐らく年収は軽く1000万円超えていると思いますので、羨ましいですね。

satsutaba

Sさんの例で1つ分かることは、海外での労働経験がある、もしくは英語スキルが高い方は転職もしやすいということです。

スキルとしては、ビジネス英語はもちろん、プラスアルファが要求されます。

Tさんの場合は、貿易実務と英文契約書に強いというスキルがあるそうです。これはかなりツブシが効きますよね!

自分の価値を知るには、転職オファーがどれくらい来るかで分かる

転職オファーを受けるにはどうすれば良いかなのですが、Tさんによるとtypeの人材紹介といった転職サポートサイトに複数登録しているとのことでした。

Tさんの場合は現在も職があって仕事をしているわけなのですが、「転職オファーはいくら来ても困るものではない」ということで、さらに良いオファーが来る期待も込めて、ずっと受付中にしているそうです。

riekisyo

この話を聞いて、私も早速typeの人材紹介に登録してみましたが、1週間経たないうちに2件のオファーが来て驚いています!(笑)その中には某商社も含まれていました。大手企業でも海外人材はそんなに豊富にいないんでしょうね。

CSS85_keywosousasruop20131019_TP_V1

というわけで、「自分の価値を知りたければ転職サイトに登録してみる」というのが答えになります。

あと転職企業によっては、強い業界、弱い業界があるので、複数登録がお勧めです。

「次はどこの会社からスカウトが来るのか?」というのが、意外と面白いです。

英語を使ってバリバリ働いているみなさん、新しい人生の可能性を探っても良いのかもしれませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
  • follow us in feedly

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

    • 名前:釈迦院秀徳
      年齢:30代
      趣味:お金を増やすことを考えること、健康、ピアノ
      資産を増やすこと、お金の節約方法、買い物や食事でのコストパフォーマンスをひたすらまでに日々、研究しているファイナンシャルプランナー系のメガネ男。目標は、不労所得で月間30万円を稼ぐこと(笑)→これがなかなか難しい!某マネー雑誌にも記事を書いたりしています。株式投資、FXのみならず、サイドビジネス、懸賞、アフィリエイト等、お金を増やすいろんな情報を集めて共有化したいと思います。


  • FX投資は、資産を増やす有効な手段の1つ!本サイト、お勧めのFX会社は、SBI FXトレードです。
  • 2017年5月
    « 4月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
    PAGE TOP ↑