フィリピンのホテル、リゾート観光旅行、食事、マッサージ、ビジネス、生活情報

フィリピンのホテルやビーチリゾート、マカティ(Makati), ボニファシオ(Global City)、マニラ(Manila)等でのランチ、ディナー(接待)、レストラン、SPA、ゴルフ、ショッピングや株式投資、不動産投資など、旅行者、ビジネス出張者、駐在員、留学生に役立つ情報が満載!

*

マニラで鑑定してもらう予定だった旧1万円札1億1900万円分

      2016/02/20

また妙なフィリピン関連のニュースが入ってきました。

40代の日本人男性が台湾の空港から旧1万円札で1億1900万円分を無申告で持ち出そうとしたら、台湾の税関職員に没収!

なぜ1億1900万円分もの旧札の1万円札が台湾にあるのか?
しかも40代です。40代でしたら、昔稼いだお金というわけでもないでしょう。不思議です。

さらに不思議なのですが、「友人に頼まれ、マニラで価値を鑑定するため!?」

マニラで現金を鑑定するなんて、意味が分かりませんが、もしかすると換金目的だったのかもしれません。

参考になったら、応援よろしくお願い致します→ランキング

ちなみに日本のお札は、いつまで経っても価値がありますが、フィリピンの旧札は、2017年1月1日以降は紙クズになりますから、旧札持っている方は、早く使ってくださいね。

なぜマニラで旧1万円札を鑑定!?

もちろん台湾から現金を持ち出す時にも規制があると思いますが、フィリピン側でも規制があります。

フィリピン中央銀行規定によると、USDで1万ドル相当以上の外貨を持ち込む際には空港税関に申告が義務づけられています。違反すれば空港税関に身柄を拘束され、最悪の場合は検察局に送検されることもあります。

ということで、ここまでリスクを冒してフィリピンに持ち込もうというのは理解できません。

結局、偽札だったらしいです

それはそうですよね~。偽札じゃないと、ここまでやる人がいないですよね。

それにしても、偽札を持ち込まれるフィリピン!またフィリピンのイメージが悪くなってしまいます!(>_<;) 頑張れフィリピン!イメージアップ!
役立つフィリピン生活情報は→にほんブログ村 フィリピン情報

.
フィリピンリゾート大好き!

 - フィリピン関連ニュース