フィリピンのホテル、リゾート観光旅行、食事、マッサージ、ビジネス、生活情報

フィリピンのホテルやビーチリゾート、マカティ(Makati), ボニファシオ(Global City)、マニラ(Manila)等でのランチ、ディナー(接待)、レストラン、SPA、ゴルフ、ショッピングや株式投資、不動産投資など、旅行者、ビジネス出張者、駐在員、留学生に役立つ情報が満載!

*

フィリピンのマリンリゾート旅行で持って行くべき意外な4つのもの

      2016/06/19

フィリピンのマリンリゾートで海遊びをする場合、持って行くと便利なものがあります。私の宿泊体験に基づいて気付いたものを書いておきますので、参考にしてください。



格安航空券の最安値比較「トラベル・ジェーピー」




1、ラッシュガード

南国フィリピンの日差しは強烈です!男性といえども、昼間に海で泳ぐときはラッシュガードを着ましょう!もちろん顔には日焼け止めを塗っておくに越したことはありません。

IMG_6604_convert


2、砂が入り込まないサンダル

フィリピンのビーチは、珊瑚が多いので裸足は厳禁、裸足では足の裏を怪我します。海の中で足を着いた場合でも、底にサンゴがあることが多いので、常にビーチサンダルかマリンシューズを履いておきましょう。

ビーチサンダルの場合は、かかとを固定できるものにしましょう。ビーチサンダルの問題点は、隙間に砂が入り込んで、洗ってもなかなか落ちないことです。

乾燥しても、海の臭いくさいことが多いので、できればマリンシューズを購入して持って行くと良いでしょう。

良いホテルですと、マリンシューズが無料でレンタルできるケースもあります。

一般的なマリンシューズは底が薄いことが多いのですが、突起の鋭いものを踏んだときに足の裏を傷つける場合もあるので、もしご自分で購入される場合、厚底のマリンシューズを購入することをお勧めします。


3、ナイロン素材の水着

すぐに水が切れる素材の方が、かなり快適で便利です。3時間くらいで乾きます。ちなみに綿の水着は一晩置いても乾きません。

フィリピンのリゾートホテルは、午後12時チェックアウトが一般的なので、一般的には1泊2日のケースでも、まず初日の午後に海で泳いだら、一晩水着を干して、また翌日の午前中10時半くらいまで遊ぶのが一般的です。

翌日までに、カラッと気持ちよい水着を履ければ快適ですので、100%ナイロン素材の水着をお勧めします。


4、セロテープ

アリがいたときに、穴を塞ぐため用で重宝します。



5、熱帯魚を捕まえる大型の目の細かい網

部屋に蚊が飛んでいる時に捕まえて、やっつけるため用です。あるとかなり便利です。

フィリピンのリゾートには、結構、部屋に蚊がいることがあります。
私が以前、行ったミンダナオ島のホテルには、蚊が4匹も飛んでいて、捕まえるのに2時間もかかりました。安眠のためには蚊は全て捕まえたいところです。アミがあると捕まえやすいので重宝します。

粗目と細目がありますが、虫を捕まえるために使用するので、細目がお勧めです。

短いのでスーツケースやカバンに入るので、携帯性は抜群です。
使い方としては、蚊を捕まえたら、壁か地面に一気に網を持って行き、網の上から叩き潰す形になります。網は汚れますが、これは仕方ないので諦めましょう。

虫がいない快適な睡眠を実現するためにも、用意しておきたいアイテムの1つです。



フィリピンリゾートを楽しく満喫してくださいね!

 - フィリピン旅行、マリンリゾート, マリンリゾート、ビーチリゾート、ホテル, 食事、レストラン