フィリピンのホテル、リゾート観光旅行、食事、マッサージ、ビジネス、生活情報

フィリピンのホテルやビーチリゾート、マカティ(Makati), ボニファシオ(Global City)、マニラ(Manila)等でのランチ、ディナー(接待)、レストラン、SPA、ゴルフ、ショッピングや株式投資、不動産投資など、旅行者、ビジネス出張者、駐在員、留学生に役立つ情報が満載!

*

フィリピン株式投資の魅力!株価40倍の衝撃!!

      2016/02/02

フィリピンと言うと、あまりパッとしない感じがする日本人が多いと思います。

確かにイメージとしてはフィリピンパブやジャパ○○さんのイメージがあるため、危険とか汚いとかのイメージがあると思いますが、実際に来てみるとイメージとは違った印象を受けると思います。

フィリピンは、人口も1億人を越しており、人口ボーナスも2040年くらいまでと、まだまだあるため経済発展が期待できる非常に有望な国です。

日本で言うところの1960年代と考えれば、これから株価が上がっていくのが容易に想像できると思います。

フィリピンの株価総合指数は、昨年をピークに2016年1月現在は約5,700ポイントと足踏みしていますが、またきっと8000ポイントに到達するでしょう!

 

フィリピンのセブン-イレブン株は3年半で株価が40倍!

一例をあげてみますと、フィリピンセブン-イレブンの株がすごいことになっています!

Seven Philippine

2009年頃まで、株価は3ペソ近辺をうろうろしていましたが、2010年以降急激に上昇!

2013年中頃には、120ペソを突破して最高値を付けました!あまりの急上昇の反動で現在は80ペソ近辺まで下がっていますが、業績は絶好調なので、いずれ反発すると思います。

同じコンビニ株に注目してみると、フィリピンにはファミリーマートの株!?があるんです!

 

SSIグループ(ファミリーマート)の株は、上場3ヶ月で50%高!→その後、低迷で今がチャンス!?

ルスタン・グループにおけるSIALへの直接の窓口であるSSIグループ(SSI)が2014年11月7日にフィリピン証券取引所(PSE)に新規上場しています。

SSIの新規公募(IPO)価格は1株当たり7.50ペソでしたが、その後株価が上昇基調を辿り、2015年1月13日には11.26ペソまで上昇しています。IPO価格にくらべ50%の上昇となっていました。

ssi

 

ファミリーマートのフィリピン1号店 は、2013年4月7日にマニラ首都圏マカティ市アヤラセンターのショッピングモールグロリエッタ3の1階にオープンしました。

会社名は「フィリピン ファミリーマート CVS社」(PFM)です(2012年11月29日に設立)

2015年12月末のフィリピンのファミリーマート数は130店に達しています。

2016年1月現在は、なんと2.5ペソくらいの株価まで低下しており、ピーク時の約1/5です!

いま仕込んでおけば、大きく伸びる可能性があるかもしれません。

こんな感じで興味がありましたら、フィリピン株に投資するのも良いと思います。

役立つフィリピン生活情報は→にほんブログ村 フィリピン情報

 - 投資, 株式投資