なんでも掲示板

・いろんな話題をご自由にお書き込みください。
・掲示板へ投稿するためには、「ユーザー登録」「投稿者登録」が必要です。
 最初の一度だけ登録すれば次回からはそのまま投稿できます。
・「ユーザー登録」は、TOPページ中央から登録できます。
・「投稿者登録」は、このページの[投稿者登録]をクリックしてください。
・投稿方法、利用上の注意等の詳細は、[掲示板インフォメーション]をご覧ください。
・銘柄情報の投稿・銘柄相談は良い銘柄が見つかる場合もあるので大歓迎ですが、
 管理人への相談は、多忙のため返答できない場合がありますのでご了承ください。


[掲示板インフォメーション] [過去ログ] [投稿者登録]

* 題名(任意):
☆名前(必須):

* メールアドレス(任意):
* URL(任意):

☆パスワード(必須):

メッセージ:


検索: 表示件数: 検索場所: 表示順序:

108:シンガポールの日記について
名前:Tomozaemon (*DHKYPTxip1mYU) (投稿:2008/01/15 00:50:40)
 mmさん、初めまして。実は正確に言うと2度目の投稿となります。(以前投稿したのは2〜3年前でしょうか?)その頃、mmさんは確か商社に在籍されていた頃だと思います。偶然の繋がりなのですが、以前私が投稿したのはシンガポールからでした。(ミラマーホテル滞在で、Tuasに通っていました。)私はエンジニアなのですが、当時立ち上げの製品があり、およそ2年間シンガポールと日本を往復しておりました。(但し、滞在日数は300日/年) そんな訳で、時々拝見しては、懐かしく思う今日この頃です。mmさんの仰る通り、シンガポールはいろいろな問題を抱えていますね。一応先進国の部類と目され、それなりの経済力を持つのはやはり政府が巧妙なのでしょうね。本当の姿は、観光客や、オンラインで繋がった世界中の人々からは、見えない事でしょう。表面上は、皆一生懸命パソコンに向かっており、傍目に見ると日本人とよく似た仕事への取組なのですが、なぜか進捗が全く無い。(おそらくゲームでもやってるのでしょう。)そのくせ、チャイニーズは人種差別をする。とんでもない国です。ほんと、メッキ国家ですね。僕個人としては、こんな国民性でも経済発展が可能ならば、日本は更に発展できると思うのですが。政治については、まるで逆で日本が下ですね。。。他愛の無い事を長々と失礼しました。シンガポールにいる当時、mmさんの推奨銘柄を見て勉強していた次第で、少し懐かしくなったもので。(mmさんの推奨銘柄、経済指南、また株のほうも活動される事を心待ちにしています。)それでは、お体をお大事になさり、お仕事がんばって下さい。 (僕は、2年の間に痔になってしまいました。多分コーヒーショップの食べ物は油が悪く、おなかの調子が長く悪かった為と思います。
返信 修正 削除

107:おはようございます。(^o^)丿
名前:daisy (*3M8Xfcv9jQ912) (投稿:2007/08/26 04:46:56)
お久しぶりです。
やっと相場も落ち着いてきたみたいですね。
しかし、稀に見るすごい下げでした・・・。

こんな相場でも大損しないで今までやってこれたのも、mmさんのHPで勉強するきっかけを頂いたおかげです。

この3年で身についた知識は、自分にとっても大きなものだと思ってます。
これからも株は続けていきますが、いろいろと考えて、このたびブログを閉鎖することにしました。
長い間、リンクしていただきありがとうございました。

mmさんも体に気をつけて、お仕事頑張ってくださいね。

追伸*掲示板にプライベートな書き込みしてすみません。
お手数ですが、読んでいただいた後、削除いただければ幸いです!
返信 修正 削除

106:Re:ADXについて
名前:kazu275 (*l9M43RwwO0shI) メール:f-mori4@kem.biglobe.ne.jp (投稿:2007/02/24 19:34:24)

管理人さん
わかりやすい説明有難うございました。今後ともよろしく願いします。

返信 修正 削除

105:ADXについて
名前:管理人marketmaker (★) (投稿:2007/02/24 13:07:56)
kazu275さん、こんにちは。

DMIは、RSIと同じくJ.W.ワイルダーが考案したものですが、DMIはなかなか難しい指数で、あまり利用されていません。

しかし、ボリンジャバンドと一緒に使用すると大きな効果があると思います。

DMIはDIとADXからなります。その理論的な説明は省略しますが、私は主にADXに注目しています。

ADXは株の上昇極値でも、また下降極値でもともにプラスとなり、上昇または下降の加速度を表します。

分かりやすく説明すれば、株価の過熱感と言い換えてもいいでしょう。

私はADXが70以上というように高い位置を、その銘柄の売買の際の参考にしています。

その意味は勢いよく下降したものは、また勢いよく上昇する。反対に勢いよく下降したものは、また勢いよく上昇するという株価運動の過剰反応を簡単に見ることができるからです。

下落局面でADXが70を超えてくると、買い場到来。
上昇局面でADXが70を超えてくると、売り場。

こんな感じで活用されると良いと思います。

かなり使えるテクニカル指標であると思っていますが、
もちろん100%ではないので、他のテクニカル指標との活用が
重要です。








返信 修正 削除

104:ADXについて質問です。
名前:kazu275 (*l9M43RwwO0shI) メール:f-mori4@kem.biglobe.ne.jp (投稿:2007/02/23 00:27:28)
初めまして、こんばんわ。弱小投資家のkazu275と申します。いろいろ、勉強中なもので、今後も質問させてください。
題にも書きましたが、ADXの意味を教えてください。実は、双信電機の株を保有中で「へえ−、そうなんか−」と思いブログ見てました。
宜しくお願いします。
返信 修正 削除

103:
名前:管理人marketmaker (★) (投稿:2007/01/06 14:51:15 最終修正:2007/01/06 14:53:10)
hiromiさん、あけましておめでとうございます。

外国への投資をいち早く始めたのは賢明だと思います。
ただし、日本から投資していると、必ず将来あるワナに嵌りますので、
できるならば海外旅行に行ったついでに、銀行口座を開設して
直接投資することをお勧めします。

今はネットバンキングでお金の操作もできるので
便利な時代になりましたしね。

ちなみにシンガポールは、旅行者では口座が開設できません。
ニュージーランド、中国、香港はOKですよ。

日本の秘策ですか?
たぶんないですよ(笑)外国は関係ないです。対外債務があるわけではないので、全て自国の問題です。
返信 修正 削除

102:あけましておめでとうございます
名前:hiromi (*dYqta/xoeC9u6) (投稿:2007/01/04 21:33:13)
コメントの続きを早く読みたいですね。。。
私は資産の半分は外貨ほか海外投資に向けています。
私が日本の借金を知ったのは小学生の頃。
授業でおよそそれが200兆円あると知って、先進国の日本に借金があるということ自体が意外で、かなり印象深く記憶に残ったのでした。
それが特に大学生から社会人を少し過ごす間の短期間に異常に増えつつあるのに危機感を覚え、株式投資を始めました。
大学を卒業し、中国やインドにいち早く投資を始めたのは、発展途上国に追い抜かれた時の保険のつもりでした。
日本人は100円ショップがなくなる日について、考えたことあるんでしょうか?大借金を抱えて国家が破綻し、安い労働力の発展途上国に抜かれたとき、今の平凡と思い込んでいる生活はどうなるのか考えるだけで怖いものです。スシローなんて105円でやっていけるのかな???
・・・実はMMさんや私の考えすぎで、日本はなにか秘策とか諸外国と裏の協定とかあって、破綻なんてありえないんですかね?!
返信 修正 削除

101:あけましておめでとうございます。
名前:管理人marketmaker (★) (投稿:2007/01/02 23:29:58)
JIMI-さん、こちらこそよろしくお願いいたします。
新興株ですか・・・
必ず毎年1度は新興株フィーバーが来ますでしょうから、今度波が来た時にうまく乗ると短期で儲かると思いますよ。

返信 修正 削除

100:あけおめ
名前:JIMI- (*nYoIiyBPjbC4M) (投稿:2007/01/01 13:45:50)
あけましておめでとうございます
本年も楽しく いや ありがたく読よませて頂きます。
昨年は新興株ばかりやっていたもので、痛い目にあいました.
ことしも新興株(動きがよいので止めれない)はやめれないのですが、月50
回程度の売買というスタイルはやめて、これぞと思うものを長く持っていようと思っています。さしあたり、ソフトフロント、ゼンテック、メガチップ、
ワコムでいきます.

返信 修正 削除

99:HPのコンセプトを少し変えます
名前:管理人marketmaker (★) (投稿:2006/12/29 22:23:46 最終修正:2006/12/30 00:05:40)
2007年度以降は「株式・経済トレンド分析」として、マクロな視点から日本経済の問題点を検証していきたいと思います。

返信 修正 削除

検索: 表示件数: 検索場所: 表示順序:


前の10件を表示

ホームページに戻る