marketmakerの株式トレンド分析> CFDを活用する 1
◆ CFDを活用する 1
★ ポイントは2つだけ! 


日本株投資だけで満足している人も多いと思いますが、これからはCFDも活用して、投資の幅を広げておくべきです。


CFDならば、原油、小麦等の農作物への投資もできますし、下げ相場でも儲けるチャンスが増えます。


さらに外国証券口座がなくても、米国の株式に投資できますし、通常、投資することが難しいシンガポールやオーストラリア、ニュージーランド、インド、ロシアの株式にも機動的に投資できます。


CFDが難しいと思っている方もいると思いますが、株式投資をやったことがある人ならば、直感でできると思います。


簡単です。


CFD(Contract for Difference)とは、証拠金をベースとして現物株、指数、先物、通貨などを取り引きすることができる投資商品でして、直訳すると「差金決済取引」になります。

差金決済なので、少ない資金で大きな投資が可能です。



私は、CFDを使うポイントは「2つ」だけと考えています。

その2つとは・・・


1. 下げ相場で儲けること(リスクヘッジ)ができる。

2. 商品(小麦、金、原油)の取引が可能になる。



特に下げ相場で、CFDは非常に有利です!


では次のページで簡単に解説していきます。



TOPへ戻る。




FXmarketmaker4


本サイトのコンテンツは、投資勧誘を目的として作成されたものではなく、あくまで情報提供を目的としたものであります。
本サイトの情報の元となる情報の信頼性や本サイトの情報に含まれる予測・判断・見解の合理性や客観性の確保には慎重を期しておりますが、その内容の正確性または完全性を保証するものではありません。また、予測・判断・見解には執筆時点でのものであり、その後予告なく変更することがあります。
これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当サイトの管理人および上記の情報提供主体は一切の責任を負いません。投資に際しての最終的な判断は、他の資料なども参考にして、ご自身の判断でなさるようにお願いします。

2006 Copyright (C) marketmaker All right reserved.  当サイトの無断転載・複製(内容・構成・デザイン含)禁止