スマホ、タブレットで使いやすい証券会社 比較一覧表 更新日:2015年3月現在(最新版)

 iPhoneやアンドロイドのスマホやタブレットでも、注文操作や情報サービスが使用できる証券会社をご紹介しています。

 各証券会社によってサービスが異なりますので、証券会社毎にうまく使い分けることをお勧め致します

証券会社名 特徴 株式手数料
無料制度
情報提供サービス スマホ対応 口座開設の
申込み
丸三証券 初心者にも分かりやすく、丁寧にアドバイスしてくれるサポートの丁寧さ最大の特徴。

「マルサントレード」(ネット専用口座)は、立会外分売やIPO(新規公開株)、単元未満株取引などの取引が可能。スクリーニングや分析ツールが非常に充実しています。

一日の約定代金をまとめて手数料を支払う「一日コース」が“定率方式”で計算されるので、お得で割安!

お友達紹介で2,000円のギフト券をプレゼント
金額、銘柄、取引回数に関わらず、新規口座開設で2ヶ月間手数料無料 口座をお持ちの方は、日経テレコン21「丸三証券版」が利用可能。

日本経済新聞朝刊、夕刊、日経産業新聞、日経MJ(流通新聞)、日経地方経済面、日経プラスワン、日経会社情報の閲覧が可能です。

毎週金曜日「週刊マルサントレードメール」。毎週お届けする「来週の相場展望」

「株式新聞ニュース」が閲覧可能
・携帯電話専用サイト

・マルサントレードのスマートフォン、タブレット用のアプリ。iPhone、Androidに対応。


丸三証券の口座申込みはこちらより
マネックス証券 業界最安水準の手数料。

スクリーニング機能が充実しており、豊富な財務指標とテクニカル指標を複数組み合わせて検索可能。

逆指値、ツイン指値、連続売買などの多彩な注文機能で忙しい人でも安心トレード

未成年者でも口座開設が可能

単元株数以下で買えるミニ株があります。
- (株式会社アイフィスジャパンにて提供している)銘柄別の決算&業績予想が閲覧可能。

J.P.Morgan(J.P.モルガン)、独立系リサーチ会社であるTIW(ティー・アイ・ダヴリュ)の個別企業・産業等のアナリストレポートを閲覧可能

日本証券新聞PDF版の第1面を閲覧可能
・スマホ、タブレット専用サイト

・マネックストレーダー スマートフォン(iPhone、Androidに対応のアプリ)


マネックス証券の口座申込みはこちらより
楽天証券 業界最低水準の株式手数料。金利がもらえる貸し株サービス、海外株式やETFも購入可能。

お取引手数料100円ごとに「楽天スーパーポイント」1ポイントゲット!

PTS取引で夜間取引が可能。

1日で取引を手仕舞う「日計り取引」なら片道分の手数料は無料

最先端のトレーディングツール「マーケットスピード」が定期的なお取引や一定のお預かり資産があれば、利用料は原則無料!(99%以上の方が無料で使用しています)
- 「マーケットスピード」を利用している方は、ロイター、フィスコ、株式新聞、四季報速報、日経テレコン21「楽天版」の利用が可能。
・スマホ、タブレット専用サイト

・モバイルトレーディングツール「iSPEED」。iPhone、Androidに対応のアプリ。


楽天証券の口座申込みはこちらより
カブドットコム証券 主要ネット証券No.1のニュース配信数(一日1,000本以上のニュースを無料で配信)

逆指値、W指値、Uターン注文、リレー注文、±指値など業界最多の注文方法!

kabu.comPTSで夜間取引が可能

複数単元の注文をして、約定が複数日にまたぐ内出来となっても手数料は1注文と計算。

プチ株制度で単元未満株も売買可能。
- MUFGレポートを利用可能。

トムソン・ロイター社、会社四季報の東洋経済新報社等の情報+投資家目線で作り上げた投資情報サービスを提供。

ロイター国内、海外ニュースが閲覧可能。
・スマホ、タブレット専用サイト

・kabu.com for iPhone/Android(iPhone、Androidに対応のアプリ)


カブドットコム証券への口座開設は申込みはこちら
松井証券 手数料無料となるバリエーションが多いのが最大の特徴。

NISA(少額投資非課税制度)口座の場合は、現物株の売買手数料が恒久無料。

当日が返済期限の「一日信用取引」ならば、新規建て、返済手数料が無料。

スマホアプリ「株touch」は、国内株の取引に加えて、先物・オプション取引にも対応
1日の約定代金合計が10万円以内であれば、手数料は無料 企業の分析などに必要不可欠な最新の情報をご覧いただける「QUICKリサーチネット」が利用可能。

キーワードを選ぶと、関連するニュースと銘柄の詳細を確認できる「ニュースファインダー」が利用可能。テーマ株探しに最適です。
・スマホ、タブレット専用サイト

・株touch(iPhone、Androidに対応のアプリ)
松井証券の口座開設はこちらより

ちなみにFXをやるならば、本当にDMMがおすすめです。
今まで私はSBIのFXを使っていましたが、相場が大きく動く時には、例えば豪ドル円のスプレッドが通常2銭のところ、一気に10銭に広がったりします。これはすごい不利になります。
DMMの場合は、相場が荒れた時にでも同じスプレッドをキープするので、非常に有利です。特にIFO注文、つまりIFDと同時に損切りのリスクヘッジ注文を入れる場合は、有利に働きます。
FXを始めるなら≪DMM FX≫!