2015.08.25

前代未聞のチャンス

ご無沙汰です!
今日はダウ1000ドル下げ、ドル円値幅も6円です。これは過去10年以上ないレベルの動き。
2008年リーマンショック以降の大チャンスです → 為替取引で。

2013.09.16

FXに勝つための”正しい2つのロジック”

みなさん、こんにちは。

フィリピンでは、天気の悪い日が続いています。

それにしても、あまりにも毎日事件が起きるので、笑ってしまいます。昨日も、びっくりなことが起きました。
ぜひ「mmの眼」に書きたいネタです!

一言でいうと、フィリピンは未成熟で未完成な国です。

ですから、逆に言うと、いろんなポテンシャルもあります。

1つの例としては、フィリピンの株式市場で2年前にセブンイレブンが上場しました。

2年後の株価はいくらになっていると思いますか??

 

30倍ですよ!30倍!!!30倍返し!(笑)

 

100万円投資したら、3,000万円になるんです。
まさに、新興国ならではの魅力ですね。

さて、今日は改めてFXで勝つための方法について書きたいと思います。

ただ、そもそも人によってスタイルが違うわけなので、どれが正しいというのは無いと思います。

そのため、私の勝っているスタイルをで書きたいと思います。

1つ目は、移動平均線を基準として、移動平均からローソク足が大きく動いた時や動いた後に出動すること。

これで怖いのが、“ダマシ”です。ダマシはなかなか見抜くのが難しいのですが、1つ覚えておきたいのは急落時には、値段が落ち着くまで手を出してはいないことですね。最低でも3日は様子を見るべきでしょう。

特に移動平均線付近にあったローソク足が、大きく離れた場合、離れ始めは、そのまま下落し続けるケースが大半です。前回もそうでしたね。

そのため、事前に指値をセットしていると、しばらく塩漬けになることがあります。

一番良いのは、買った後、まもなく、含み益が出ることです。

ですので、急落時は、指値を外して、様子を見て、25日移動平均線に再び接触する感じになるまでは動かないことです。

急落時に買って良い場合といけない場合の見極めが難しいんですが、相対的に高値圏にある時は、様子見ですね。

つまり、高値圏ではない時に、移動平均線から日足が大きく離れたら買いというわけです。

 

2つ目は、いつも相場を見ないことですね。

いつも相場を見ていると、判断を誤ります。

あと、売りと買い、両方で利益を取ろうとしないことも補足で書いておきます。

欲張るとロクなことはないのが、世の中です。

応援よろしくお願い致します。FXランキング

適度に儲けて、楽しみましょう!(^^)

2013.09.11

豪ドル予想 リスクオンは本物か?

みなさん、おはようございます。

更新に時間が空いてしまい申し訳ありません。

豪ドルは1カ月前の急落をあっという間に埋める上昇をしています。

豪ドルのマイナス要因としては、依然、オーストラリア当局が豪ドルの価値を下げたいと思っているので、関連する発言が出ると一時的に下がる可能性がありますが、相対的にみると、これ以上、対円、対ドルでは下がらない感じですね。

結果的には対円で86円台が底だったと思います。あとシリアにおける戦争も回避できそうですから、豪ドルは、ズバリ買いですね。

8月6日にオーストラリア準備銀行(豪中央銀行)理事会が開催され、「直近の物価統計から追加利下げの余地がある」「豪ドル相場はなお高い」、「豪ドル相場は一段と下落する可能性」、「短期的にはトレンドを下回る成長が続く見通し」

という発言を意識して、豪ドルを買いを逃してしまった人も結構いると思います。無理もないです。だって、本家のキーマンたちが言っているわけですから。

でも、本家がいくら言っても、世界経済は、繋がっているので、中国で良い指標が出ると豪ドルは買われますし、アメリカでQE3の縮小緩和がソフトランディングであれば、逆に豪ドルは買われやすいですし、戦争が回避されれば、買われるということで、総合的に見ないといけないですね。

政策金利は0.25%引き下げられ過去最低の2.50%となりましたが、いろんなマイナス点は相場に対しては織り込み済みと評価されていると考えた方がいいですね。逆に、今後の追加利下げの余地について踏み込んだ発言を行わなかったことで、目先は豪中銀が利下げに踏み切る可能性は低いとの見方から、豪ドルに対する買い戻し圧力が優勢になっているんだと思います。

ただ、足元では日足の移動平均線からあまりにも乖離しすぎました。89円80銭プラスマイナス1円くらいまでの下落を考慮し、下げ終わったら、買い出動。

応援よろしくお願い致します。FXランキング

こんな感じの戦略だと思います。今は日足上昇第一波が終了しそうなので、様子見でしょうね。

2013.08.06

豪準備銀行(RBA)政策金利 発表→2.50%据え置き

据え置きの2.50%なので、予想通り&出尽くしでプラスに反応しました。

ただ、金利の下げ余地はまだあるので、ほとぼりが覚めると、エネルギー切れでまた下がる可能性があります。

上に上がっていくには、まだ他の材料が欲しいですね。

とりあえずボック圏での売買が良いでしょう。

豪ドル円は反応しましたが、USDAUDの反応が鈍かったのが気になります・・・

応援よろしくお願い致します。FXランキング

2013.08.05

豪ドル 予想 → 正念場

みなさん、こんばんは。

予想以上に豪ドルが下落しており、まだ下落トレンド継続中の可能性が大です。

やっぱり、ファンダメンタルズ的にオーストラリア政府自体が豪ドルを安くしたがっているので、なかなかそのトレンドには、対円でも抗えないところがあります。

今回の下落で気づきましたが、とりあえず87円台前半にもサポートラインがありました。

ただ、下向きのサポートラインなので、あと2営業日で上を抜ける動きを示さないと、そのまま85円台くらいまで下がっても不思議ではないかもしれません。

かなり微妙なので、一度損切りして手仕舞ました。

応援よろしくお願い致します。FXランキング

まさか80円台まで行くことはないと思いますが、まさかがあるのがFXなので、いまのトレンドは下落ということで、様子見が吉でしょう。

 

2013.07.29

豪ドルの見通し

みなさん、こんばんは。

日経平均株価は、やっぱり前回の高値を抜くだけのパワーが無さそうですね。
15000円手前で売却が吉なんでしょうね。

一方、豪ドルですが、またいい感じで下がってきました。

今回のような下げで買っていくと、儲かるパターンだと思います。

具体的には90.50を割ったら、資金力の20%ほど買い、90円を割ったら20%買い、89円で20%買い、88.90円くらいまでで60%ほど買っておくと良いと思います。

シナリオ3の動きになっていますが、
88.90までは下げないかもしれません。

恐らく今回は「逆N字型」のパターンで下がると思いますので
底値は89.50前後が目安です。

もしここを割ったら88.90円まで下がる可能性があります。
このラインは非常に強力です。
ここを割ると、もうヤバいというくらい強力です。

ここ割ると、下手したら82円まで下がります。
まあ、そんなことはないはずなので、今回は89.50前後まで見てればOKでしょう。

そのあと上昇したら、92.50円で一回売却です。
いずれにしても、待てば結果が出ます。

いつも通り、焦らずに行きましょう!

応援よろしくお願い致します。FXランキング

p.s サゴグラマンとは何でしょう(笑)、分かる方、かなりの○○○○通です。

2013.07.23

豪ドル 短期予想

みなさん、おはようございます。

自民党が勝ったからと言って、短期的には株価も為替も織り込んでいるので、株価は大きくは上昇せず、為替は教科書的には円安になるわけですが、円高になっています。(特にUSDとJPY)。

豪ドルは、揉んでますね。

対USDでは円安なんですけど、豪ドルが強くなっている関係で揉んでいる感じですね。あまりマクロ経済分析をしても意味がないので、チャート的な観点から幾何学的にこれからの相場の動きを予想したいと思います。

ずばり、短期的にはシナリオは3つです。

①93.20レベルまで緩やかに上昇(ピンク)

②90.70レベルまで調整して反転(オレンジ)

③88.90レベルまで調整して反転(青)

2:1で下がる方に見た方が安全かもしれません。

いずれにしても、今は移動平均線よりも上にチャートが来ているので、一度平均線を割り込み

91円前半まで下がる可能性は大いにあります。

「上がったら売って、下がったら買う」。これが投資の基本です。

応援よろしくお願い致します。FXランキング

最近、Google検索でも、「豪ドル 予想」とか「オーストラリアドル 見通し」とかのキーワードで訪れてくれるビジターの方が増えているみたいです。

投資には、株、FX、不動産、いろんな手段がありますが、自分にあった手法を探すのが良いと思います。

2013.07.20

豪ドル 92.50レベルでいったん売却

みなさん、こんばんは。

どうやら、豪ドルの伸びはやや鈍いですね。

90円~92円台のボックス圏相場であると仮定すると、92円50銭水準は売却レベルです。

また90円台で指しておく方が賢いと思います。

今週末は参議院選挙があります。ねじれ国会解消、自民党政権強固というのは、教科書的には円安です。

でも、ニュースでみんな知っていますから既に織り込み済みの可能性が高いとみます。
次の焦点は、効果のある政策を打てるのかに掛っているので、週明けはどこかで材料出尽くしの売り=円高の局面が一度は来ますから、その時にまた購入して円安で売るという戦術でしょうね。

応援よろしくお願い致します。FXランキング

それにしても、FXで儲けるコツは、つくづく相場を”ずっと”見ないことであると改めて思いました。
ややマクロ的に考えないと、FXでは勝てませんね。

2013.07.14

その後

みなさん、こんにちは。

日本はいま暑いみたいですね。

マニラも暑いですが、せいぜい31℃くらいですし、夜は26℃くらいまで下がるので、比較的快適です。

日本の夏よりも、マニラの方が絶対過ごしやすいですね。欠点としては、暑い時に食べたくなる氷菓がコンビニとかに売っていないことです。氷菓を食べたい場合は、ハロハロかフルーツシェイク(マックシェイクみたいなもの)になります。

さて、久々にちょっと余裕ができたので、更新です。更新していないのに、FXランキングで3位というのも非常に恐縮です・・・。

株価は落ち着きを取り戻して、14000円台に入り、15000円を伺う様子になってきました。但し、前回の高値を抜くかは微妙。安全策を取るならば、戻り高値水準で一度売却すべきと思います。基本的には年末までボックス圏なんでしょうね。

為替ですが、最近はUSD円と豪ドル円の連動性がなくなってきましたね。豪ドルだけ、弱くなっている感じです。

まさかまた89円台に入るとは思いませんでしたが、長期的な分析だと89円台前半に強いサポートラインが存在します。

移動平均線からのかい離も大きくなってきたので、そろそろテクニカル的に反発しそうですね。

ただ、ボックス圏であることは否めないので、移動平均線を上回ったら手じまう方が良さそうですね。

応援よろしくお願い致します。FXランキング

さて、来週も元気に笑顔で頑張りましょう!

2013.06.13

様子見

みなさん、こんばんは。

じぇじぇ!って、あまちゃんではありませんが、今日も目が覚めるような下落でした。

株もドル円も、豪ドル円も!株については、黒田緩和以前まで下がってしまいました。反発も入るでしょうけど、そのあとの下げの方がキツイので、まだまだ怖いですね。

日本はいま、株価だけ上昇して、まだ生活実感として経済成長している感じはしないので、こんなメッキの、口先だけの状況では、今回のように激下がりするのは、仕方ありませんね。

あと、とにかく株について言えば、今年の最高値は前回で付けたものになると思います。黒田さんとか、安倍さんが異次元緩和以上の、「亜空間緩和」(笑)とかしない限り、あれを抜くことは、まずないでしょうね。

 

さて、豪ドルですが、これまたストップロスでどんどん下げたような相場になっていますね。いま90円台に戻っていますが、まだ予断を許しません。ポイントは88.00円、ここを抜いて下がると、もう底が見えません!

 

MACDが、-3.1454まで下げ続ける可能性があります。

読んで納得と思ったら、
応援よろしくお願い致します。↓

FXランキング

とにかく様子見でしょう!

Next »

QLOOKアクセス解析